ティーチングをうまく併用する

Pocket

ビジネス社会において、「コーチング」ともう1つ、「ティーチング」という言葉があります。どちらもビジネス上の学習に関するものですが、それぞれ違った特徴があり、そのことをしっかり理解した上で指導することが重要です。
そこで、その「コーチング」「ティーチング」の違いと上手な使い分け方をご説明いたします。

◆コーチングとティーチングの違いとは?
まずは、それぞれの特徴を理解しましょう。
➀コーチングとは
 簡単に言えば、「自分自身で考えて自主的に行動する人を育てる」こと。
 コーチングの定義は、効果的な質問を与えたり、対話によって目標達成を支援するコミュニケーション技法です。自分の潜在能力や可能性を信じて自らチャレンジする人に育てることが目的です。
➁ティーチングとは
 基本的にコーチングと違い、「答えを相手に教える」こと。
 ティーチングの定義は、まだ基礎や経験が浅い人に対して、ノウハウやルールを教えるスタイルが基本です。相手に、指示やアドバイスを具体的に指導するので、新しい知識や技術の習得に効果的です。

◆コーチングとティーチングを上手に使い分けるには?
コーチングとティーチングを使い分けるためには、まず、相手の知識の習熟度を正確に把握することが重要です。
知識や経験が少ない相手に対する基本的な指導にはティーチングが機能し、日常の人間関係や信頼関係の構築にはコーチングが機能します。
相手の状況に合わせて、コーチングとティーチング双方のメリットを臨機応変に活用することで成長し、目標達成に向けて良い流れが生まれるのです。

ご紹介した通り、ビジネスの場においては、コーチングとティーチングの違いを正確に理解して上手に使い分けることが、人の成長につながると言えます。
それぞれの違いを簡単にまとめると、コーチングは相手の向上心を引き出すのに効果的であり、一方、ティーチングは基礎知識や技術を学ぶ時に効果的だと理解しておきましょう。