承認をする際のポイント

Pocket

承認を英語で表すと「Acknowledgement(アクノレッジメント)」となり、語源を調べると「そこにいることに気付く」という意味があります。言い換えれば、その人に光を当てることではないでしょうか。
コーチングにおける承認は、相手の変化や成長、成果などの事実を伝えることであり、語源の意味の通り、そこにいることに気付くことだと言えます。
今回は、コーチングにおける承認の種類やポイントを見ていきましょう。

◆承認の種類とその特徴
➀存在承認 
「居てくれて助かる」といった存在そのものを認めること。
 日頃からあらゆる機会を捉えて、相手のことを大切に思っていることを伝えなければなりません。
➁変化承認 
「仕事のスピードが上がった」といったよい方向へ変化したことを認めること。
日頃から相手に関心をもっていなければ、気付くことができません。
➂成果承認 
「目標達成おめでとう、よくやった」といった課題に対する成果、結果を認めること。
 成果承認で大切なのは、「成果を上げるために努力した点も十分に評価していること」を言葉で伝えることです。

➁➂では、「褒める」意味合いが強くなりますが、コーチングにおいては、➀も十分な承認
だと言えます。
職場における存在承認の例として、
 ・挨拶する/名前を呼ぶ/目を見て話す/仕事を任せる/労う、感謝する/
  約束の時間を守る/変化に気付く/メールや質問にすぐ答える など

◆承認を伝えるときのポイント
承認を伝える際には、以下のポイントを意識しましょう。
➀事実を伝える
 相手が達成した課題に対して、何をどのように行動したのか事実を伝える。
➁比較する様な言葉は使わない
 「〇〇君より優れている」など、比較する言葉は避けましょう。
➂相手に届くのを待つ
 承認を伝えたら相手が受け入れるのを待ちましょう。

褒めることに抵抗感や苦手意識がある方でも、「承認」を常日頃から意識して、相手に「敬意と関心をもって接し、行動に表す」ことで、信頼につながり効果的な指導ができる関係ができるのです。